あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
cajonica / 【かほにか】
下野CBモバトラII565ULげt。これならまるっと収まるね。Gutsだぜ! http://twitpic.com/5tga9p
 at 07/21 21:14

cajonica / 【かほにか】
ラインの巻きムラが気になってあれやこれややっていたらオマツリ状態に。小一時間の格闘に完敗し、結局これに。スナップスイベルもマイクロスプーン用に変更してなぜかカンツリタックル化まっ... http://twitpic.com/5uju1j

 at 07/23 22:13

上記調達した流し毛鉤釣りのタックルですが、それだけに使っているのはマコトにもったいない!ということで、多摩川で降海型じゃないハヤ(ウグイ)やそこそこサイズのニゴイそして最近繁殖してきたカワムツ、また無理やりアブラハヤ間違ってヤマベ(オイカワ)近場に棲息してるかわからないオヤニラミなどなど、所謂外道とされがちなマイナーな彼らと遊ぶべく、管釣り系のルアーをちょこっと調達です。

cajonica / 【かほにか】
TBとSSIでカンツリもとい川の小物対応を…散財かどうかは今後の釣果次第ですが何か http://twitpic.com/5wo7yj
 at 07/27 23:20

なお、本当の管釣りタックルだとラインは4lbでも太い時があって、ロッドもSULになり対応ウェイトも4gまでとか、かなり繊細になってくるので厳密には使いづらいところですが、メインユースの流し毛鉤は荒瀬ではなくとも本流で流しますし、こういうときには全く有難くないコイさんとか無駄にデカいニゴイさんとか何の因果か掛かってしまった日には泣くに泣けないので、あまり繊細すぎても困るのです。

それ系の手持ちを一式並べてみました。ルアーの傷は、春のマルタウグイ釣りの勲章ということで…何気に稼働率もわかりますね。

CA3F0812s.jpg

ブレットンの1.6gの黒/Gと黒/Sにスナップオンタイプのバーブレス赤フックを装着。それと、おなじみのMIUの赤金系2.2gとたぶん新品のウグイカラー1.5g、ピンクの塗装が剥がされてオールゴールドになって売られていたPAL1.6g、スレたりヒカリモノで反応がない時のリリーフとして、黒とペレットカラーのBUX2.5gがラインナップに追加です。あとは2-3個、2-1.5gあたりに銀&中間色系が入るといいのかもです。

多摩川では朝はルアー、夕方は流し毛鉤と使い分け、あと実家の近くでアブラハヤがうじゃうじゃいる川があって、上流で深みに溜まってる渓魚狙いのフリwをしてもいいし、ちょっと出掛けた富士川では流し毛鉤で釣れそうな瀬も見つけているので(一帯は昔、吸い込みで40cmくらいのハヤが釣れてますし、小さいながらニジも釣ってます)、その辺りで投げてみても面白そうです。

まあ慌てずに、いろいろ、いろいろ、試してみましょうか。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
 
関連記事
スポンサーサイト
2011/07/28 00:24 タックルなど TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/64-644ce375
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。