あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

諸用で平日会社を休むこととなり、せっかくなので早朝多摩川に出掛けてみることにしました。いや、えーとコイさんは狙いません。んじゃ、何をするのかというと…。

cajonica / 【かほにか】
準備万端! http://twitpic.com/59cmcn
 at 06/10 10:49

30年振りくらいに、ハヤ(ウグイ)・ヤマベ(オイカワ)の毛鉤を流してみることとします。右から、割と最近出たもののようですがリール用の流し4本毛鉤、3.6m用5本毛鉤、5.4m用7本毛鉤とバリエーションを揃えて試します。とりあえず、マルタウグイのポイントを目安に流しますか、ということで05時くらいから、T名下あたりから軽く立ち込んで探ってみます。

cajonica / 【かほにか】
釣れますん…。 http://twitpic.com/59cnc4
 at 06/10 10:51

厨房の頃はリール用流し毛鉤など売っていなかったので、こうやってフツーの流し毛鉤をつないで使ってました…仕掛けを何度も絡ませながらも爆釣した記憶があります。リール用のは確かに絡まないのですが、スーパーボールが重くて仕掛けが随分潜っているようにも見えたので、パンコイのFリグのフローター(まあ、コ式ですよね…)に変更してます。これで随分見やすくなるし、また、浮力も改善されますね。

っていうか、瀬には10cmくらいのおサカナがときおり跳ねているのが確認できるものの、全く反応なし。ちゃんと、ラインをたるませない程度にドリフトしてるんですけどね。アンマメソッドも何度か試してみましたがダメ。シーズン的にまだそんなに羽虫が飛んでいないことと、朝方ということもあって、残念ながらまだ水面での捕食は本格的にやっていない模様。

釣れないものは仕方がないので、ちょっと上流に移動して餌釣りに切り替え。5.4mの渓流竿に0.8号のミチイトと目印、大き目のガン玉をつけてハリス0.6号の袖#4で餌はチューブの赤い練り餌を使ってみましたが、流れがキツくて餌が保ちません。試しに、ガルプスティックにバンドルされていたガルプ子イソメを付けてみましたがこれもダメ。っていうか、ムダに臭いし袋のパッキンはあってないようなものなので、いつのまにか汁が染み出しておりまして最悪なのですorz。

それ以前に、5.4mの渓流竿ってこんなに重かったっけか?何か釣れてるのならともかく、振るのがホントイヤになる重量感。簡単に挫折して、2.7mグラス渓流竿で狙えるさらにちょい上流の小川のようなポイントに入りました。

CA3F0634s.jpg

それにしても、何でこんな狭いところにコイさんいっぱいいるんだろ、という。あちこちで気泡や波を立てています。大体、30-40のベビコイさんが多いのですが、見た目70クラスも混ざっていてまさに、ウキの数センチ横をプカプカしながらかすめたりと、スレ掛かりが非常にオソロシイのです。まあこれはこれで、別途パンコイ対応するかもw

基本は5.4mのものと一緒ですが、子供の2.7m竿に小型ヘラウキで、餌はブッコミの寄せ用に確保している「大ごい」を使って流してみます。群れが来ればアタリもあるようですが、何もいなければ何のアタリもないのは当然。一応10時には上がらないといけないので、多少焦りつつも、何とかノーフィッシュは免れた模様かと。

CA3F0635s.jpg

cajonica / 【かほにか】
釣れますた@K井。婚姻色出てますね http://twitpic.com/59cot8
 at 06/10 10:55

本日の成果は画像のと、小さめのもう一尾で計2尾。キレイな婚姻色と追星が出てくるのは、梅雨明けくらいでしょうか。撤収の時間も迫り、何気にスズメバチも偵察に来たので(おー、こわ…)そそくさと退散しました。


浮き釣りは小魚さえいる釣り場ならいつでもおkなのですが、流し毛鉤は梅雨が明けてからもういっぺんチャレンジしますかと。

ロッド:SZM レイクスピン 606L
リール:シマノ 09エアノス1000
ライン:リールバンドル 2号
リ グ:ささめ針 毛鈎でちょい投げ 4本鈎 W-002+自作フローター
    マルフジ 簡単フライフィッシング K-037 3.6m 3号
    オーナー針 ハヤ・ヤマベ毛鈎仕掛7本

ロッド:アルファタックル PREMIUM SENSOR 巌流 硬調54
ライン:東レ 銀鱗 0.8号
フック:がまかつ 袖4号 (ハリス0.6号)
ベイト:マルキュー ヤマベチューブハエ
    ガルプ イソメ細身タイプ4インチ

ロッド:FISHING CRAFT PG渓流 深峡 270
ライン:東レ 銀鱗 0.8号
フック:がまかつ 袖4号 (ハリス0.6号)
ベイト:マルキュー ヤマベチューブハエ
    マルキュー 大ごい

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへにほんブログ村 釣りブログ 河川釣りへ
 
  

 
<とりあえずメモ>
流し毛鉤はムシの出きった夕方の方がガチと思う。しかし諸般の事情により、夕マズメを暗くなるまで釣りできませんというorz

立ち込めば正直、クソ重い5.4m渓流竿は要らないような気がする。まあ場所と対象によりけりとは思うけど

チューブ練り餌は粘らなくて、瀬だけでなく底狙いでも使えません(ズル引いたらアウト)

ガルプは開封後は別容器でちゃんと保管した方がいい。ていうか正直、淡水では釣れる気がしないのでいらないかな

今回使った15ℓのリュックに収まる、仕舞40cm程度の、短めで軽い竿を探してみますか ※5.4mも2.7mのも仕舞が60cm程度でバッチリリュックからはみ出すのです

アタリはあれどもフッキングしないのは、フックサイズが大きいからかしら。まず、袖4号から3号に落としてみるかね

練り餌の重さでヘラウキが1目盛りくらい沈めばわかりやすいんだが、これができる時とできない時がある。違いは何だろう
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2011/06/10 21:32 川五目釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/75-7d7b72a5
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR