あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

諸用により土日は実家へ、ついでに釣りも。荷物を減らすため、LタックルパンプカFリグのみを携帯しての帰郷です。そもそも、パンプカできっちり出る状態なのかは不明なのですが、最悪ノーシンカードリフトができるような準備はしております。

DSC_0438s.jpg

今回のお題のようなものは、前回破損したポッパーリグを造り直し、サイズもまちまちにしたもののテスト、です。大きい方から4cm、3.5cmでそれぞれ1号錘(3.75g)、3cmには0.8号錘(3.00g)を仕込み、フックサイズは#2で統一。3cm版はフックが重くて浮かべるとナナメになってますが、まあいいでしょうというw

まず、土曜日は今年の正月に行ったG明川へ。前回のポイントは藪が多いのでパスして、その上流を確認してみました。

DSC_0439s.jpg

いくつか橋をスルーして遡ると、用水路レベルの流れが集まるこんな魅力的なポイントが。パンを投げると早速反応あり。では、テストいきますか。

cajonica / 【かほにか】
ホッパーもどきリグ3cmでキャッチ、65センチ。フルサトノカワハアリガタキカナ http://twitpic.com/50hpzd
 at 05/21 19:35

ボディ4cmのリグを試すも、いまひとつ乗りが悪いので、最小の3cm版に切り替えた途端イッパツ!無事獲ったものの、若干ボディが裂け、それだけならまだしも、残念ながらフックが伸びてしまい完全終了という。正直、そんなに綱引きしたつもりはないんだけど…。

仕方がないので、今度は4cm版で下流に移動しながら攻めてみる。チャミングと一緒に一旦流しきってから、ゆっくり巻き上げて、パコパコやってるとしばらくしてコイさんが迫ってくるので、この音というか波動で寄せるというメソッドは状況次第でかなり有効かもです。

ただ、反応はあるものの、いまひとつ食い込まない。これ、ボディが大きすぎるのかな。それともフックサイズが大きいのかなあ。あるいはパンのつけ方に問題があるのか、いろいろ、いろいろトライ&エラーを繰り返すしかないような気が。

時間も気にしながらやってるので、とりあえず確実にもう1本獲ってみますか、と。

cajonica / 【かほにか】
ちょっとホッパーもどきで遊びすぎたので真面目にいつものFリグで、55センチ。それにしても、この寸足らず具合が何気に気の毒なのです http://twitpic.com/50hstr
 at 05/21 19:42

実は夕暮れに近づくにつれ、何やらコイ以外の魚影を確認。あ!ナマズだわナマズ!あんまり大きくないですが生息しているのですね。これは獲らねば!と帰りに近くのダイソーで黒金ポッパーとシャロクラを購入、トレブルフックのカエシを潰して明日に備えたのでした。

で、日曜日。午前4時に起きて昨日のポイントへ。早速ポッパーを投げ、ポコポコ言わせながらただ巻きするというアピール具合なのですが全く出てくれません。時合の問題なのか、それとも単にウデがないだけか…とりあえず、次回はナマズさんに鉄板なはずの、ジッターバグを投入してみますかね。

まあ、見込みのない対象にあまり時間を割いてもいられないので、ちゃんとコイさんを獲ってみます。投げるのはド定番のFリグ3.75gヘアリグ#4です。

cajonica / 【かほにか】
朝ナマは獲れずともナイスサイズ75センチなり http://twitpic.com/50xgdh
 at 05/22 14:50

いい感じなので、再びというかポッパーリグ4cm版を投げてみたところ、おっとキましたよキました!と寄せる半ばでいきなりフックアウト。あれあれ…とリグを回収したところ、これもフックが伸びております。んー、どうもリグ側で引っ張りの衝撃を吸収するところがなくて、フックに負荷が掛かりやすくなっている模様。

ブッコミリグに、これと同じフックを使ったヘアリグを組み合わせても、伸びてしまったことはまずないことを考えると、誘導式オモリ部分に使用しているナイロン6号が実はいい仕事をしてるんじゃないか、などと。次回作のポッパーリグは、ケプラート10号のハリスを止めて、フロロで作ってもいいのかな?とか考え中です。

ポッパーリグ最後の砦、3.5cm版で再チャレンジ。今度はフックに負荷をかけないよう、もう少し走らせる方向で獲りますか。とはいえ、これもなかなか乗りません…が、しかし。

DSC_0442s.jpg

cajonica / 【かほにか】
時間かかったけどホッパーもどきリグで粘って71センチ http://twitpic.com/50xiqx
 at 05/22 14:56

またしても良型。パンは大きめにつけてます。どうやら、単にフックにつけたパンが吸い込めるかどうかだけのような気が。

つまり、パンの大きさで釣れる型をコントロールできるのかな、とも。当たり前の話だけど、クチのサイズが大きければ、大きなパンを吸い込める確率は高くなるわけで。ただし、これは活性の高い状態が前提であり、冬場は型に関係なく#4フックだって吸い込んでもらえないこともあるわけで。

さて、この周辺は充分獲ったので、他にコイさんが釣れそうな河川を探してみることにしました。幹線道路というにはさびれ過ぎな道を進んでいくと、ちょっとイイカンジの用水路を発見。この河川は、Y糸川と呼ばれているようです。下流側は工事中にて立ち入り禁止なので、上流側に川面を確認しながら移動してみます。

DSC_0443s.jpg

すると、一部の浅瀬から水門までの間には15-20尾程度の群れがいることを確認。これはイケるかも…だがしかし、両岸はコンクリート護岸で水面まで距離があってタモが使えるかどうか…と思っていたら、対岸が5mくらい段差になっているところを発見!ここからチャミングして叩いてみることに。

パンを投げると、おーワラワラと水面にコイさんが湧いて来てパンを喰う喰う!こんなところのコイは誰も釣らないでしょうから、スレてない具合が非常に新鮮です。さて、引き続きポッパーリグで頂いてみますかね。

cajonica / 【かほにか】
行き当たりばったりな用水路で56センチ。こういうキレイなの、多摩川にはいないよなぁ http://twitpic.com/50xuf7
 at 05/22 15:23

お約束どおり取れましたが、用事までに時間がハンパだし、もうちょっと粘ってここで何とかもう1本獲ってみることに。

ときおり、軽トラックに乗った農家の方が通りながら「釣れますか(はい、釣れてますよ)」とか「コイ離しちゃうの?持って帰って喰えばいいのに。3日も漬けとけば…(ムリだってば!)」とか、道すがら話しかけられることしばし。田舎ならではのユルいコミュニケーションも味わいつつ、ですねw

まあ一回パンプカで獲ったポイントは総じてシブいのですが、タイムリミット前に何とかキャッチできました。

cajonica / 【かほにか】
さすがにスレたけどそのまま続行、やたら走るし重いしの67センチ http://twitpic.com/50xwhy
 at 05/22 15:28

たっぷり時間をかけて獲っただけのことはあって、水中に戻した際に、しばらく横転してました。ごめんね。


次回の田舎釣行は7月くらいかな。多摩川でもやらないといけないけど次回の大きな課題は、虫対策…かしら。
  
ロッド:SZM レイクスピン 606L
リール:シマノ 09エアノスC3000+1BB
ライン:東レ ソラロームII スーパー ドリフト 12lb
リ グ:ポッパーリグ4cm, 3.5cm, 3cm #2(一体型)
    フローティングリグ 3.75g #4ヘアリグ(一体型)
パ ン:セブンイレブン おいしい食パン
    パスコ 超熟
 
 
関連記事
スポンサーサイト



2011/05/23 00:53 コイ釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cajonica.blog.fc2.com/tb.php/78-31131161
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR