あんまり難しくない釣りを、自分なりにこだわって。
プロフィール

cajonica

Author:cajonica
お金を掛けずできるだけ近場で簡単に何か釣れたらイイナ…という感じです。

twitter
Weather-GPV
カウンター
現在の訪問者数:
現在の閲覧者数:
タグリスト

今回は、気になっていた真鶴港のチェックに入ってみました。懸念材料は、真鶴駅からの港までの移動。バスの時間に合わせて出発を遅らせ、休日ダイヤ2本目のバスに…うおっと狭っ!って、このバス観光バスベースか!通路は狭いし出入り口が1ヶ所しかないとは…つまり、キャリーカートの置き場がない!下車は東中宿、目指す方向は左側です。

DSCN1375s.jpg

赤灯台のある離岸提近くの堤防に09時前に到着。この時間にして誰もいません…。季節柄水質はクリアで、近くなら底の様子や小魚の動きもよく分かります。あーこりゃ釣れないかな、この感じw。しばらくして家族連れが入ってきてウキフカセを始めたところ、コマセに木っ端がワンサカ湧いてます。魚影自体は濃いんですね、小さいだけでw

DSCN1379s.jpg

しばらく沖目にライトカゴを入れてみますがノー感じ。タナとかの問題じゃないね。むしろ、左側の離岸提とこちら側のテトラ帯の間が魅力的。できるだけ奥(北側)に入れていきますが、おおっと早速!

DSCN1378s.jpg

最初に15センチくらいのメジナ、そして西湘では初めてのウミタナゴが釣れました。20あったのでお持ち帰り。

その後は目立った反応はなく、ビミョーにアタってるんだかアタってないんだか良くわからないウキの動き…うわ根掛りっすか!奥に行くに従って浅くなってるとは。一度回収時にテトラ帯にあったPEラインに針を引っ掛けてラインブレイク、はああナイロンカゴとか高いのに…お、そうそうここなら届くよねタモ!幸い全部サルベージできました。

DSCN1387s.jpg

おまわりさんこいつですwいや、ウキがもやもやする犯人はベラの模様。これはニシキベラ、ガチキモスwww

風向きも変わって離岸提側に投げるのがしんどくなってきた。そしてお昼過ぎには常連らしき方が真横(先端)に入ってきてウキフカセを。シェアする約束はしたけれど、このポジションだとビミョーに長竿を振り回すのが難しい。これからも状況は変わらないだろうし、いろいろと名目上の難点はあるけれど、思い切ってあそこに移動しますか。

DSCN1390s.jpg

常設のトイレに行きながら海苔を取りに入っていく方が何人かいらしたのを確認。ついでに軽く覗いて、足場とかはひととおり確認しておいたので、荷物を3つくらいに分けて入ってみました。決して磯をナメてるわけじゃないが、ぶっちゃけ精進湖の溶岩帯よりゴツゴツしていなくて、難易度は低い方なんじゃないかね。

入口の前は、若干斜面に足を掛ける必要はあるものの割とフラットな場所が何段かになっていて、濡れている場所や飛沫が飛んでくる場所に降りなくても釣りが出来る感じ。それにこちらはカゴを投げるので、そんなに水面近くに寄る必要もなく。既にピトンを打ち込んだと思われる穴が、いくつも開いていますし。

最初に近場に入れたら小さいベラが釣れたので水深が浅いと判断、途中根が見えるものの、今度は中央辺りを目掛けて遠投…!

DSCN1389s.jpg

パームサイズよりはちっさ目だけどメジナはメジナ。まずは保険キープとしました。そろそろ満潮近くだし、型が小さいのでタナを落としてみます…。

DSCN1392s.jpg

ここから俺のターンw。パームサイズが連続、そしてこのフットサイズ…26センチくらいでしょうか。このサイズだと、巻きながらゴツンゴツン抵抗するのが良く分かります。その後もパームサイズを2尾キャッチしましたが、個人で食べる分にはもう充分確保したので、リリースしています。

暗くなってきて、電気ウキをセットして残りのコマセを消化…「キンギョが釣れたらそこで釣り終了だよ」はい、その通り以降はパーフェクトノー感じ。一旦港内に戻ってコマセを投げ切ってお開きに。ふと出会った落とし込み師に声を掛けられメバルの話(話中の福浦は福浦岸壁のことです…すみません)をして、挨拶して帰路へ。

もうバスがないので歩いて駅まで移動したけれど、この距離感なら福浦港に移動するのとそう変わらない。でも上りだけは、バス使いたいなw


港内は1箇所の確認ですが、このシーズンとなればかなり厳しい感じです。その点で云えば、やはり外海側を狙った方がいい。ただ、土地柄というか水温が高めでベラ類が棲息している環境を鑑みれば、相模湾のサーフ寄りの他の港より優遇されている感はありますね。

【ライトカゴ遠投タックル】
ロッド:宇崎日新 スーパースクエアRX ISO HD 2.5号遠投530
リール:シマノ 10ナスキー 2500S(2500にスプール換装)
ライン:バリバス バーマックス磯 ゼロフカセ2.5号
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉
    +ヨーヅリ 流助4号
     キザクラ サビキ潮見 4号
     サンナー 羽根付フロート NO.2 2-5
     ヨーヅリ 秋桜4号
     ガルツ LED電気ウキ 4号
    +からまん棒
    +セイコー 弓形キス天秤 21cm
     &ハクタカ ロンマックス 21C
     &オンリー コマセ袋Sを外掛け+錘2-3号
     メタルカゴ天秤S+錘2-3号
     コトブキヤ カゴ錘付クッションゴム 3号
     +ドラゴン レインボー網カゴM
    +ササメ 万能カゴ釣り五目 グレ4号
     orハヤブサ ひとっ飛び天秤カゴ釣り グレ鈎4号

ベイト:マルキュー 食わせオキアミスーパーハードM
    ヒロキュー 生イキくん S
    JSYのアミコマセ2ブロック
    +マルキュー スーパー1グレ
    +マルキュー 湧きグレ500遠投

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
2014/02/02 12:13 海五目釣り TB(0) CM(0)

迷いに迷って、昨年冬からご無沙汰の福浦岸壁に行ってきました。タックルはいつものライトカゴT、チョイ投げ用に足元サビキTも。前日にラインの巻き買えとスプール移植など作業もあって始発には乗れず、到着は08時頃となりました。

DSC_0185s.jpg

幸いというか、駅最寄の南トイレ前が空いていたので入ってみましたが、ライトカゴ、チョイ投げとも一向にアタる気配がない。おまけに投げ(置き竿)師がどんどん増えてきて、近~中投してカゴを流すスタイルではとても肩身が狭いのです。オイウチで海上のゴミがウキに付着してちゃんと立たないとか、釣れない上にあまり快適ではない…。

そろそろ潮も上げ止まり。最寄のコンビニが歩いて200mとかなんで、気分転換にコーヒーなど…あーここか!釣り餌売ってるんだっけね。


青イソ、アミコマセ(解凍モノも設定はありましたが今回は在庫なし)、粒エビとフツーに使いそうなものは一通り揃ってるという、釣り人にとっては真のコンビニっぷりが嬉しい限りです。

このタックルだと何を釣りに来たのか理解できなかったようで、隣の常連師らしき方に声を掛けられ(何か釣れればいいんですけど…)ちょっとアドバイスを頂きました。タナは竿1本と問題ないようでしたが、海底は根がなく目前の黄色い建造物辺りで水深が12mくらいとのこと。そんなに浅いのか…だから皆揃ったように遠投してるんですね。

さて、ここは捨てて潮が下げ始める前に移動しないと。確か北に向かえばテトラがあったよね…長い。まだ着かないorz。ようやく辿り着いてみると幸い場所は空いている。隣の置き竿師の投入方向をチェック、テトラ側には影響がないことを確認しポジションキープ。途中釣り人がテトラに入ったので気は使ったものの、ほとんど投げてないので安心…。

斜め左のテトラの先端から3-5m辺りを目掛けて投入、スパっとウキが引き込まれ…おお早速釣れた!

DSC_0190s.jpg

実に久し振りのウミタナゴです。小さいのでリリース、ですが…。


おサカナ咥えた♪…だとベタ杉だと思ったのでw

DSC_0194s.jpg

まあ、こういうのはここだけではありませんが主の風格wwwミャーウとかマーンとかやたら甘えた声で「サカナクレ」と懇願され、ウミタナゴが釣れたらやるよと言い聞かせていたら釣れましたw。次はどの釣り人が釣れるのか、分かってるんだろうか…。

DSC_0195s.jpg

しばらくウミタナゴを数尾、そして想定どおりにメバルが釣れ、両者混ざる形となりましたがその後はパッとせず。下げ止まる前というか夕方辺りで時合になったのか暗くなる辺りでまた釣れ出しまして。満足できる型が出ないので、このままハーフ半夜(半夜の半分だから3時間くらいね)釣りに突入。ちなみに、ここまでチョイ投げの釣果ナシ。

西湘福浦の反省から、強力な電気ウキを購入。このお試しの機会でもありまして。

DSC_0205s.jpg

早速釣れましたが、電気ウキの負荷が3号なので、リグの方も変更。ストレートな形状ですが意外と仕掛けが絡まないものですね。…しかし、このテのクッションゴムって思ったより重くて、棒ウキ形状の3号ではウネリでシモったりして使い勝手がよろしくない。少なくともプラス1号分の重さは見た方がいいのかな。

DSC_0211s.jpg

そこで、自作ナイロンカゴ天秤で負荷を合わせたらバッチリ!電気ウキの灯りと水面の反射を見て、水面の反射が不自然になくなったら即回収、という作業を根掛りが危険なので一気にぶち抜く感じで。しかしザンネンながら時に根掛りもあり、おっしゃー抜けた!っと回収してみると…。

DSC_0206s.jpg

ウミタナゴと入れ替わるように、カサゴきましたね!これでも大きい方だったり。

下げ止まりから潮が動き出した1時間くらいが時合だろうと考え入れて行きますが、しばらくアタリなし。エサも取られていない。なんだこれは…タナを替えても変化ないし…やはりあのナイロンカゴでは、コマセがすぐに散ってエサが落ちるまでになくなっている???コマセ保ちがさっきのリグの網カゴみたいな感じにならないものか…そうだ!!

DSC_0215s.jpg

即釣れました。何をやったかというと、ナイロンカゴの中に網カゴを入れ2重構造に。これなら使用量も多くないしコマセの出も現実的なレベルに絞れます。メバルとカサゴがそれぞれ釣れ続けましたが、さすがにアミコマセがなくなったのでお開きに。型は小さいけれど、釣りとしては充分楽しめました。

それに、全然寒くなかったしね。強風が吹くと言われていた割にほとんど素振りもなく…こんなに暖かい1月の釣りは記憶がありません…。


福浦岸壁(東に面している方)は潮の流れは速いが実はそんなに水深がなく根もない為、テトラ帯以外は磯っぽいサカナが釣れないということを理解。

個人的に八景島方面の方が相性は良さそうですが、南風の時は釣りづらいし(なら相模湾に行くかなあ…)、また電車交通費もこの距離にして片道千円を超えてしまう(3桁で真鶴や国府津まで乗り換え1回、しかも座りっぱなしで行ける…)ことを考えたら、ここはバックアップ程度に捉えるべきという判断になりました。

でも、また西風が吹いたら出掛けるかも知れません。青物シーズン以外で(多分、本牧と変わらない人大杉…)。

【ライトカゴ遠投タックル】
ロッド:宇崎日新 スーパースクエアRX ISO HD 2.5号遠投530
リール:シマノ 10ナスキー 2500S(2500にスプール換装)
ライン:バリバス バーマックス磯 ゼロフカセ2.5号
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉
    +ヨーヅリ 流助4号
     キザクラ サビキ潮見 4号
     サンナー 羽根付フロート NO.2 2-5
     ヨーヅリ 秋桜4号
     富士灯器 FF-14 LG(電気ウキ3号)
    +からまん棒
    +セイコー 弓形キス天秤 18cm
     &ハクタカ ロンマックス 21C+錘2-3号
     メタルカゴ天秤S+錘2-3号
     コトブキヤ カゴ錘付クッションゴム 3号+網カゴS
    +ササメ 万能カゴ釣り五目 グレ4号
     orハヤブサ ひとっ飛び天秤カゴ釣り グレ鈎4号

【チョイ投げタックル】
ロッド:宇崎日新 シーパーク海釣り公園スペシャル 3号-450
リール:シマノ 10ナスキー C3000(スプール交換)
ライン:バリバス ソルトウォーターVA-G 12lb
    orラパラ ラピノヴァX マルチカラー 0.8号
     +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:ヤマリア 波止専用メバル・カサゴガシラ7-9号+錘6号
    or8号錘直結+ダイソー 丸セイゴ10号直結15cm

ベイト:マルキュー 食わせオキアミスーパーハードM
    CTGのアミコマセ1ブロック
    セブン−イレブン横浜福浦2丁目店のアミコマセ1ブロック
    +マルキュー スーパー1グレ
    +マルキュー 湧きグレ500遠投
    JSY渋谷店の青イソ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ

※イート編は追記を後日アップデートしていきます。
 
 
2014/01/26 13:51 海五目釣り TB(0) CM(0)
最近「グレならシャブシャブいくでしょ」とのreplyをいただき…日々寒さが増している昨今、果たして食材の調達は可能なのかというリスクはありつつも、私的に確度の高い釣り場に入ってみました。

場所はおなじみ葉山港。寝坊して予定より遅め、しかも逗子駅から釣具屋に向かいながら迷い(何回目だよおい…)わずかに粉雪の舞う中消耗しつつも到着したのが08:30ジャスト。こりゃもう埋まってるな…へ?誰も居ないw。

幸いポールポジションは確保できました、が寒い!日光も当たらないし風が強烈に冷たい。果たして20アップなメジナはまだ釣れるのか?モチベーションをへし折られないよう心を強く持ってセッティングしたのは、チョイ投げw。2.5倍に増える配合エサも持って来ていますが、上げ潮になるタイミングまで温存するため、ある意味時間潰しです。

とはいえ、せっかくなので磯竿とチョイ投げ竿(テレスコ万能竿)の釣り味の比較検証、とでも申しましょうか。まとめっぽくなりますが以下、こんなtweetを。


補則すれば、設定されたジャンルにこだわって道具の使い方を制限してしまうのはもったいないってことと、一般的な磯竿で近投するにしても、キャスト時にガイド擦れまくりの状態は嬉しくないので、妥協しないなら改造するしかないのかな、といったところです。


このまま移動せずに冬を越すならまだ釣れるかもですが、クチを使ってくれるかどうか…釣果の方は磯竿がサビー1、キス1。チョイ投げ竿はサビー1のみ。できればチョイ投げ竿でガチキスを掛けてみたかったけど時間はもう朝ではないし、足元はすぐ根掛りして釣りづらいしで、まあ納得はしています。

さて、いつの間にか天候が良くなり釣り人が増えてきました。ライトカゴの方も午前中合間に入れていますが渋い。スズメダイが1度掛かった位でウキに動きは見られるもののスカだったり。まあ本番はお昼過ぎからなので、あまり気にはしていませんが…。

DSCN1339s.jpg

想定どおり、13:30くらいに最初の1尾が釣れました。〆てクーラーボックスに入れ一安心、後1時間の間に2尾追加しましたがサイズが小さいのでリリースです。

いつしか盛況だった外海側も空きができて、カップルのカゴ師が隣に入ってきました。わかっているのかわかっていないのか、まさにさっき釣れていた辺りに投げられてしまうのでどうもこうも…こちらもそこが真正面ではないので無理は言えず、いろいろできる範囲で工夫はしましたがサッパリ。

上げ潮なのでどんどんタナを下げていったのですが当たらず、あと1時間で閉門…。「ここまで下げて反応がないんだからもっと上にいるしかない!」と思い直していつもくらいのタナに戻した直後…ウキが豪快に沈んだ!!おおっといいトルクだ!!


潮に対してのタナの変化って、メジナの場合はキッチリ関係があるわけじゃないんですね。ましてやコマセを入れれば浮いてくるサカナ。むしろ、単純に水温の方が関係あったりしませんかね。

お隣さんが片付けを始めてPがまるっと空いたので以降時間が許す限り入れて、針飲まれで出血した18センチ1尾をキャッチ、ラストは残念ながらスズメダイで〆。食材はまあ、何とかなったよw

結局配合エサ入りのアミコマセは1/4ほど残りました。確かに量は増えているみたいだけれど、釣れるかどうかは別のハナシ。実際、投げてウキが立ってから揺すらないと溶けなかったりしてるようなので、やりすぎもよくないし。

最小限の汁気は吸わせた方がいいけれど、コストはビミョーながらもアミコマセを2ブロック持った方がいろんな面でガチなのかな、と思った次第…まあ、計算してみるとだいたい1回100円くらいの差ですけど。


そういうことなのでメジナは3テイクアウト/5キャッチですね。この調子でこれからも釣れなくなっていく悪寒がしますが、季節のものなのでこればっかりはしょうがない。

カゴ師が外海の柵側に2-3、自分も入れて4-5人ほどであの辺りをシェアする感じになりましたが、何とか棲み分けは出来ていたかと。遠投カゴが落ちる時の音って爆弾みたいですよねw。狙いは青物ではないと思いますが、そしたらサカナはあれで警戒しないのかなあ…などと思ってみたり。

【ライトカゴ遠投タックル】
ロッド:宇崎日新 スーパースクエアRX ISO HD 2.5号遠投530
リール:シマノ 10ナスキー 2500S(2500にスプール換装)
ライン:バリバス ソルトウォーターVA-G 12lb
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉
    +ヨーヅリ 流助4号
     キザクラ サビキ潮見 4号
     サンナー 羽根付フロート NO.2 2-5
     ヨーヅリ 秋桜4号
    +からまん棒
    +セイコー 弓形キス天秤 18cm
     &ハクタカ ロンマックス 21C(自作ライトカゴ天秤)
     アジサイビーズ付天秤(中)
     メタルカゴ天秤S
    +錘2-3号
    +ササメ 万能カゴ釣り五目 グレ4号

【チョイ投げタックル1】
ロッド:宇崎日新 シーパーク海釣り公園スペシャル 3号-450
リール:シマノ 10ナスキー C3000
ライン:東レ ソラロームII スーパードリフト 12lb

【チョイ投げタックル2】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A866M (トップガイドSiC化)
リール:シマノ 10ナスキー C3000(2500にスプール換装)
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチカラー 0.8号
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb

リ グ:ヤマリア 波止専用メバル・カサゴガシラ7-9号+錘6or8号

ベイト:マルキュー 食わせオキアミスペシャル S
    ハマイチ Gクリル Mサイズ
    CTGのアミコマセ1ブロック
    +マルキュー スーパー1グレ
    +マルキュー 湧きグレ500遠投
    愛古堂(逗子)の青イソメ中太

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
2014/01/19 15:46 海五目釣り TB(0) CM(0)
さて年も明けて、いろんなものが平常運転へ。


葉山も捨てがたかったが、一応そんな感じで。さすがに水温も落ちてきているだろうから、前回の好調っぷりには期待しないで出掛けてみました。

今回のお題は、アミコマセの有効活用…この季節、なかなかアミコマセブロックが溶けないので使い始めるまでに時間が掛かるのと、ライトカゴの網目が少々粗いため減りが早いのを抑制したいのです。サビキとライトカゴで夜まで、アミコマセ1ブロックに配合エサで過ごせるかどうかと使用感の確認など。

フツーは専用のバッカンにオキアミと配合エサをドカドカ入れて作りこむわけですが、そんな巨大なものは電車釣行ではまず持てないので、アミコマセを使ったなんちゃって状態でどこまでやれるのか?という感じですね。

DSC_0146s.jpg

朝が寒いので遅めの出発、11時くらいに現地入り。風が弱く割と暖かい。さすがに西提先端部分は盛況でポールポジションは取れませんが、できるだけ内港の先端よりに入って、もろもろスタンバイ。アミコマセは前日にフリーザーバッグに入れお湯に漬けて融かしておき、配合エサは買ってそのままだとかさばるので、500gだけ別にして持ち込み。

若干芯はあるものの、ほぼほぼ融けているアミコマセに配合エサを混ぜてみると、どんどん汁を吸っていきます。これなら振り回しても臭い汁が飛び散らないから自分にも周囲にも優しい。この段階で半分(250g)くらいは使っています。しかし、それでも汁が出てしまいましたが(融けてなかった分か?)少量のため今回は追加せずそのまま使っています。

アミコマセの支度ができたので、ライトカゴTから始めます。ササノハベラ、トウゴロウ、15センチくらいのメジナととりあえず釣れますが良型は出ず。この日は若潮で午後すぎから下げてくるのでそれまでは浪費しないよう、飛ばしサビキTに切り替えました。

DSC_0152s.jpg

もうひとつ、厨房の頃買って数十年間放置していた1号程度の負荷のウキ(淡水オンリーだったのに、何のために買ったのか…)を投入してUL飛ばしサビキを。トウゴロウが釣れることは釣れますが、錘が軽いので仕掛けが振り回されて逆に連掛けが難しい。

DSC_0153s.jpg

それでも何とか4連はできました。もっと粘れば全掛けできそうですが、一旦掛かると仕掛けが沈んでいかないので悩ましいところ。重めの錘で向こうアワセをキメる方向の方が釣れるのかも知れませんが、今回は前回よりも型が落ちている感じで、お持ち帰りのモチベーションが上がらず。つ抜け程度を掛けてから、テキトーに止めています。

もうひとつ、2号の棒型ウキも購入していたので、自作ライトカゴリグ+錘1号でやってみましたが、どうにも仕掛けが絡んでいちいちリカバリーに時間が掛かる始末。やはり重心が安定しない影響を見越して、メタルカゴに羽根付ウキでキャスト…おー飛んだ飛んだ目視としては2色行った気が。まあそんな時に限って、漁船が帰ってくるのですよorzorzorz。

午後になって先端の隣の方が帰り、交代する形で場所をキープ。前回のポイントへは大分投げやすくなりました。先端にいる親子連れのチョイ投げのおかあさんとコンフリクトしないよう気をつけながら港の入口前方に入れていきますが、アタらず…潮回りがあまり良くないとはいえ、これは困ったw

DSC_0159s.jpg

しばらくして、先端中央が空いたのでここでキャスト(水浸しなんで荷物は置けないんですよね…)。一発でアタって、20ジャスト位のをキャッチ。その後も入れ掛かりで型問わず4連荘とか。最初のが釣れたのがちょうど14時なので、やはり潮が動き始めた影響なのでしょう。

DSC_0161s.jpg

14-15の1時間で6尾キャッチとは…。しかし、気を良くして型狙いで針を大きく(単にチヌ仕掛けにしただけですけど…)したら以降は当たらず、仕掛けを戻して16時前に1尾リリースサイズが釣れただけ。潮は順調に引いていますがそれは既に「変化」ではないため、時合は過ぎてしまったようですね。

夕方になり親子連れも帰ったので、さらに場所としては有利に。外海側に投げてみるとイイ感じにウキが潜ります…。

DSC_0164s.jpg

スズメっすか。続いてササノハベラ。何だかダメだわorz。カゴでベラが釣れるのは、タナが低いということなのでしょうかね。それはともかく、日が落ちたら一気に寒くなってきた。トイレも近くなるし、辛い…が、幸いアミコマセは若干残っているので粘ってみます。ナイトの状態も一応確認はしたいので。

そろそろケミホタルを装着してみるか…が見えない。ホントに見えない。見えないのでラインを張り気味にして待ったらいきなり穂先を持ってかれまして。足裏、いや尺レベルのトルクだったのですが根掛りのちバラシという情けない結末に…こんなことを繰り返さないよう、次回は高照度の電気ウキを買って常備しておこう。

やがて、ようやくケミホタルが見えるようになり。引き続き入れて行くと勢い良くウキが潜った!おっとー…ん、スカですか?あ、何か着いてる。


ついに、永遠の雑魚と評価が高いサカナが釣れましたw。食えないことはないのでしょうが、いろいろ面倒っぽいのでリリース。針外しが断然楽なこと以外は、いいことがないようです。

もう1尾キンギョを追加して以降、まったく音沙汰ナシ…。さすがにアミコマセがなくなってお開きに、19時には撤収です。下げ止まり付近まで居られれば状況が変わったかもですが、もうこの寒さはガチに耐えられない…!星が、キレイだったなあ(遠い目


次回、配合エサはもっと入れてみて粘りとか確認してみますか。コイ釣りの練り餌レベルまで練り上げるのはビミョーかもですが、いい塩梅な量と許容範囲は見ておいたほうがいいですね。

水温が落ちサカナの活性も落ちると、時合タイムがタイトになるのは自明の理かも知れませんが、それでも西湘福浦、こちらはこの季節まだ釣れる方ではないでしょうか。お持ち帰れる釣果はあったので佳としますか。

【ライトカゴ遠投タックル】
ロッド:宇崎日新 スーパースクエアRX ISO HD 2.5号遠投530
リール:シマノ 10ナスキー 2500S(2500にスプール換装)
ライン:バリバス ソルトウォーターVA-G 12lb
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉
    +ヨーヅリ 流助4号
     ナカジマ 磯ウキ2号
     サンナー 羽根付フロート NO.2 2-5
     ヨーヅリ 秋桜4号
    +からまん棒
    +セイコー 弓形キス天秤 18cm
     &ハクタカ ロンマックス 21C(自作ライトカゴ天秤)
     アジサイビーズ付天秤(中)
     メタルカゴ天秤S
    +錘1-4号
    +ササメ 万能カゴ釣り五目 グレ4号
     ササメ 万能カゴ釣り五目 チヌ2号
     ハヤブサ ひとっ飛び天秤カゴ釣り グレ鈎4号

【飛ばしサビキタックル】
ロッド:宇崎日新 シーパーク海釣り公園スペシャル 3号-450
リール:シマノ 10ナスキー C3000
ライン:東レ ソラロームII スーパードリフト 12lb
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉
    +メーカー不明 棒ウキ1号
     ナカジマ 磯ウキ2号
    +からまん棒+網カゴS
    +オーナー アミエビ実寸サビキ ピンクギジ4号
    +錘1-2号

ベイト:マルキュー 食わせオキアミスペシャル S
    ハマイチ Gクリル Mサイズ
    CTGのアミコマセ1ブロック+マルキュー スーパー1グレ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
2014/01/12 22:35 海五目釣り TB(0) CM(0)
三が日最終日。親戚兄弟のイベントも終わっていてとりあえず、チョロコイPの確認にでも…いや、いやいやいやいや、やっぱり海に行きたい。起きたのが遅めでもあるけれど、ネット検索では前日のブログ記事で、清水港周辺でカマスが釣れている…玉砕覚悟で行きますか。行かずに悶々とするよりいいもんね。

再び、R52から新清水IC~清水ICで降りました。しかし、最寄の釣具屋まではスマフォにナビさせたけれど、その先のランドマークにすべき場所が分かっておらず、30分ほど迷って何とか江尻埠頭(でいいのか?)の右岸に入りました。

午後も2時を回るくらい、さすがに横付けのクルマが多く入れる場所を探して奥に進んで一旦戻っていたら、ちょうど出るクルマあり!入れ替わる形で釣り座を確保できました。クルマ横付けイイネ。一度やってみたかったw

カマスメインとはいっても、この時間からは釣れないので時間潰しにシコでも掛けてみることに。さっき釣具屋で買ったアミコマセブロックがさすがに融けなくて、やむなく海水を注入するもシャーベットのままですが、とりまやってみます。

DSC_0126s.jpg

富士山をバックに最初の釣果。小さすぎてアタるとかよくわからないけれども、たまに食い上げ的にウキが動くので分かります。投入したらちょっと煽ってコマセを出し、ゆっくり巻いてまた煽り、を繰り返すと、オートマチックで釣れているという感じ。

ウキを小さく錘も小さめにしてもっと反応を見る感じにしてみましたがあまり変わりません。しかしとりあえずはスカなしで釣れてしまう…せっかくなので隣の3世代ファミリーにおすそ分け。大きいのはタチウオのエサ釣りに使うそうです。そうか、用宗で子供がタチ釣れるって言ってたもんな…。

今回は絶版になった(セールで100円売りだったが小売希望価格は280円というクオリティ)、個人的に実績のある金袖4号を使ったサビキ仕掛けの代替品を2種ほど選んで買っておいたので、この実力を見ておくという目的もありました。さっき釣れてたのは金袖針5連に集魚板がついたもの。ハリスが短いのでビミョーかと思ったがそう悪くはなさそうです。

ちなみに、いわゆるアジ針ってフトコロが広く針先が上のほうにあるので掛かり自体は良くない気がして、あまり好きではないです。袖針の方が淡水の釣りでよく知っているというのもありますし。逆にアジ針は構造上強度もあるし一旦掛かったら、バレにくいのかもですが…。

金袖ではないけれども、針の大きさがほとんど同じで8連のものも買っておいたのでこちらも。

DSC_0132s.jpg

しばらく掛け続けて、おおおついに8連パーフェクト達成!!ポロリと落ちる前に撮影してしまうのがコツですwww。

そんな感じでマイクロ~最大10センチのシコを1時間程度で3つ抜け、もういいかと今度はライトカゴに切り替えましたがパーフェクトノー感じって…。今はイワシばかりで、ウミタナやヒイラギすらいないのか?どんだけ偏ってるかな静岡の海…orz。さすがに暗くなってきたのでライトカゴは止め、隣の方にアミコマセを全部差し上げ、ルアーの部に移行。


ちょうど満潮あたりなので、ここから下げる19時辺りから2時間ほどやってみてダメなら潔く帰る、というプラン。回りを見ているとタチウオ狙いで残っている方ばかり。カマスよりはタチウオの方が確率高いのか…。とにかく投げ倒しますがノー感じだし、強烈に寒いです。

隣の3世代ファミリーはタチウオ狙いで発電機+集魚灯でスタンバイとは…年中行事としての釣りが家のイベントとして引き継がれているのだなあ、と…なんとも羨ましいかぎり。それから自転車とかで来て人が増え、電気ウキと寄せ仕掛けのLEDの灯で海面が賑やかになってきました。しかし、そちらも反応がない様子。

明るいうちからいたジモティーらしきルアー師達も、20時で撤退。「今日はサッパリだ」と聞こえていたので、本当にダメなんでしょう。しかし、隣に入ってきた自転車の方の知り合いが指3本を揚げています。ホントに釣れるんだなあ…。粘れば反応があるかもと思いつつ、ちょっと風が出てきてかなり寒さがキツくなっていたので、あきらめて撤収。

DSC_0135s.jpg

水面をヘッドランプで照らしてみました。細かいのは全部シコイワシの目です。周辺はすんごい数が浮いていますから、とてもルアーになど興味を示す暇がないのかも知れないですね。逆に少し薄い時期の方が釣れるんじゃないかと…とはいえ、時期を選んで清水に行くのは難しいのですけども。


波止場にクルマを横付けして竿を立て掛ける…元海無県民のオトコノロマンwwwあ、レンタカーなんで車両番号は隠してません。

マイクロ~ミニシコ3つ抜け&ルアーノー感じにてお持ち帰りナシ。まあ結局、行ったところで悶々としたわけですがw気は済んだので、いいってことにしますかと。GWとか夏は美保方面で投げたい感じはあるし、清水港は又の機会にですね。

【飛ばしサビキ/ライトカゴ遠投タックル】
ロッド:宇崎日新 スーパースクエアRX ISO HD 2.5号遠投530
リール:シマノ 10ナスキー 2500S(2500にスプール換装)
ライン:バリバス ソルトウォーターVA-G 12lb
リ グ:浮き止め糸+シモリ玉
    +ヨーヅリ 流助4号
     or キザクラ サビキ潮見 4号
    +からまん棒
    ■飛ばしサビキ
    +がまかつ スパット金袖サビキ スキン4号
     or オーナー アミエビ実寸サビキ ピンクギジ4号
    +錘4号
    ■ライトカゴ
    +セイコー 弓形キス天秤 18cm
     &ハクタカ ロンマックス 21C(自作ライトカゴ天秤)
    +錘4号
    +ハヤブサ ひとっ飛び天秤カゴ釣り グレ鈎4号

【ジギングMタックル】
ロッド:エーテック トラギア ネクストリーム A866M (トップガイドSiC化)
リール:シマノ 11エクスセンスBB 3000M (+ラインローラー2BB)
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 20lb
    +サンヨーナイロン ナノダックスリーダー 17.5lb
リ グ:ACME カストマスター 3/4oz ゴールド+アシストフック
    ダイソー ジグベイト28g+アシストフック

ベイト:マルキュー 食わせオキアミスペシャル S
    むらおか釣具店のアミコマセ 1ブロック

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 五目釣りへにほんブログ村 釣りブログ マルチアングラーへ
 
 
2014/01/05 11:50 海五目釣り TB(0) CM(0)
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR